ブログ|東京都 探偵事務所で調査するならネクストムーブ

MENU

MENU

ネクストムーブ ブログ

「離婚事由」-4.強度の精神病に罹り、回復の見込みがないこと

2016年11月06日 カテゴリー:離婚事由

img

離婚の合意が成立せずに裁判離婚をする場合には、
民法よってに定められている5つの離婚原因(理由)のいずれかに当てはまることが証明されないと離婚は認められません。

 

その5つの離婚原因を「離婚事由」といいます。

 

今回は、その「離婚事由」の一つ、
強度の精神病に罹り、回復の見込みがないこと」についてご説明します。

 

夫婦はお互いに助け合わなければならない」とされています。
配偶者が精神病にかかったという理由だけでは、離婚は認めらず、一定の条件を超えることが要件となります。
この一定の条件とはお互いの協力扶助の義務が維持できないような回復の見込みのない強度の精神病であることです。
配偶者の精神疾患が強度なもので回復の見込みがないかどうかは
医師の意見や診断が必要とされ、それに基づいて裁判官が厳格に判断します。

 

さらにこれまでに介護や看護にどれだけ努力をしてきたのかも考慮されますし、
離婚後の治療や日常生活についても、ある程度具体的な見通しが立っている必要があります。

 

次回は、「離婚事由」-5.その他婚姻を継続し難い重大な事由があること
(770条1項5号)についてご説明します。
 
 
<探偵をお探しの方>
<調査をお考えの方>
お悩みやご質問など御座いましたら、
品川駅から徒歩1分の総合探偵事務所ネクストムーブまでご連絡ください。
フリーダイヤル:0120-725-258
お問い合わせフォーム


pagetop