ブログ|東京都 探偵事務所で調査するならネクストムーブ

MENU

MENU

ネクストムーブ ブログ

面会交流権(面接交渉権)について

2018年01月22日 カテゴリー:夫婦問題・男女問題,親権

img
面会交流権(面接交渉権)とは
 
子供と一緒に暮らしていない方(親権者とならなかった方)の親が、
子供と面会することが出来る権利のことです。
これは離婚前であっても、夫婦が別居している場合には同様の権利があります。
親である以上、「子供に会いたい」 と思うことは自然なことであり、
また、子供の福祉にも寄与する点があるため、このような権利が認められています。
 
面会交流が認められるケースは、
親子の関係が通常であり、面会しても特段問題がない場合です。
これに対して面会交流権が認められないケースは、
たとえばDV事案や虐待事案などで、
子供と別居親が面会することによって、子供に悪影響を及ぼす場合です。
面会交流権は子供のための権利でもあるので、
親が会いたいと言っても、それが子供のためにならなければ認められません。
 
判断する際の要素として、
・子供に関する要素
・監護親に関する要素(監護親の意見・監護親の養育監護に対する影響)
・非監護親に関する要素(非看護親の問題点)
・夫婦の関係に関する要素(別居・離婚に至った経緯・別居・離婚後の関係)
などがあります。
 
子供にとって面会交流はとても重要です。
離婚に際して、「片方の親から見捨てられた」、「片方の親と会えない」
という喪失感を、面会交流によって和らげ、健全に成長するよう促すことが出来ます。
子供の親権者となった場合には、
相手方のことが嫌いでも、問題ない様であれば、
広く面会交流を認めてあげることが子供のためになります。
 
 
面会交流で決めておくべきポイント
・面会の頻度(月に何回など)
・面会の時間(何時間など)
・宿泊の有無
・日時は誰がどのようなかたちで決めるのか
・電話・メールなどのやり取りの有無
・誕生日プレゼント入学祝いなどの有無
・学校行事の参加の有無
・子供の意思をどのように反映するのか
など
 
 
<探偵をお探しの方>
<調査をお考えの方>
お悩みやご質問など御座いましたら、
品川駅から徒歩1分の総合探偵事務所ネクストムーブまでご連絡ください。
フリーダイヤル:0120-725-258
お問い合わせフォーム


pagetop